トップ > 

住宅を「建てては壊す」という時代

日本では長年にわたり住宅を「建てては壊す」ということを繰り返してきました。
新築を購入し、長期ローンを支払い終えた時にはすでに30年余りが経過しています。
日本の住宅は新築から建替えまでの年数が30年前後と言われています。
これは、欧米諸国と比べて半分にも満たない年数です。
その要因は生活様式やデザイン、住宅設備の洋式化への流れが急速に普及したこと、そもそも住宅に対してリフォームという発想は希薄で、建替えをすることが一般的だったことが挙げられます。
また、十数年前までは中古住宅の流通は極めて少なく、中古住宅を購入してリフォームをするという流れがなかったことも日本の住宅の短命化の原因といえるでしょう。

「建てたら活かす」時代へ

本来、住宅は長い年月を経ても、適切な時期にメンテナンスさえしっかり行えば、十分に維持していくことができます。そろそろリフォームの時期かなと思ったら、まず住宅診断を行い、家の状態を正確に知ることがとても大切です。
「建てたら活かす」住まいづくりのために、カナエル i リフォームは、いつまでも永く快適な暮らしと、次の世代へ受け継ぐことができる住まいづくりをご提案いたします。

カナエル i リフォームの「 i PDCAサイクル」

カナエル i リフォームは、「建てたら活かす」住まいづくりを i PDCAサイクルという独自の方法で実現いたします。
リフォームの流れを i PDCAサイクルにあてはめることで、お客様の現在と将来の住まいづくりの道筋を明確に示すことができます。
「 i 」ホームインスペクション(住宅診断)→「P」プラン→「D」デザイン(設計)→「C」コンストラクション(施工)→「A」アフターケアというリフォームのあるべき手順をシステム化することにより、住まいのご要望に対し今するべきことをご提案します。
そして、将来の住まいのあり方をお客様と共に創っていきます。

ipdcaサイクル
  • i-inspectionホームインスペクション(住宅診断)
  • p-planプラン
  • d-designデザイン(設計)
  • c-constructionコンストラクション(施工)
  • a-aftercareアフターケア
ページトップ